top of page
検索
  • 執筆者の写真Ken

RYT200 ヨガ資格 ヨガインストラクターはどのくらいの柔軟性が必要か?


こんにちは、Kenです。


今日は、RYT200 ヨガ資格 ヨガインストラクターはどのくらいの柔軟性が必要か?について、お話ししていきましょう。



RYT200 ヨガ資格 ヨガインストラクターはどのくらいの柔軟性が必要か?
RYT200 ヨガ資格 ヨガインストラクターはどのくらいの柔軟性が必要か?



今日は「ヨガ講師に柔軟性は必要か?」というテーマについてお話ししていきましょう。

この質問は非常に多く、「体が硬いんですけど、ヨガの先生になれますか?」とよく聞かれます。結論から言うと、柔軟性は必要ありません。


私も40歳からヨガを始めましたが、当初は体がとても硬かったです。では、なぜ柔軟性が必要ないのかについて、詳しくお話しします。



柔軟性はヨガ講師にとって重要ではない理由 RYT200 ヨガ資格


1. 柔軟性があっても特別なメリットはない

柔軟な体を持つことが特別な利益をもたらすことはありません。例えば、宝くじに当たるとか、大金をもらえるとか、特別に褒められるわけではありません。もちろん、褒められることは嬉しいかもしれませんが、ヨガのポーズは自慢するためのものではありません。達成感を得るためなら、他にも多くの方法があります。例えば、ビール3杯分を一気に飲む、富士山に登る、100メートルを15秒で走る、などいろいろな挑戦があります。そのために柔軟性を高める必要はありません。


2. ヨガ講師の役割はポーズを取ることではない

多くの方が誤解していますが、ヨガ講師は生徒の前でポーズを取ることが主な仕事ではありません。実際には、生徒の動きを見て指導し、修正するのが主な役割です。私自身、指導中にポーズを取ることはほとんどありません。指導に専念するためには、生徒をよく観察することが大切です。これは、野球の監督やコーチがホームランを打つ必要がないのと同じです。ヨガ講師も柔軟性を持っている必要はありません。重要なのは、柔軟性を高める方法を教えることであり、自分自身が柔軟である必要はないのです。


3. 頭の柔軟性が大切

体の柔軟性よりも頭の柔軟性の方が重要です。ヨガ講師には常に初心を忘れず、謙虚に学び続ける姿勢が求められます。頭の柔軟性がないと、新しい知識や技術を受け入れ成長することが難しくなります。体が硬いからヨガを学ぶのと同じように、頭を柔軟にするためにも学び続けることが大切です。


4. 柔軟性は後からついてくる

体が硬いからこそ、ヨガを学ぶ意味があります。正しい方法でヨガを続ければ、誰でも柔軟性を向上させることができます。英語を話せないから英語を学ぶように、体が硬いから柔軟になるためにヨガを学ぶのです。正しいやり方で練習すれば、必ず柔軟性は向上します。




ヨガ講師になるために体の柔軟性は必要ありません。それよりも、学び続ける姿勢や謙虚な心、頭の柔軟性が重要です。体が硬いことで悩んでヨガ講師になることを諦めている方もいるかもしれませんが、全く心配する必要はありません。むしろ、その質問をすることで既に柔軟な思考を持っている証拠です。


ヨガ講師になりたいと思うなら、必ずなれます。体の硬さは全く問題ではありません。是非、自信を持ってヨガ講師への道を歩んでください。



ヨガインストラクターはどのくらいの柔軟性が必要か?については、詳しくは動画にもお伝えしているのでこちらをご覧下さい。















ではまた。



閲覧数:15回0件のコメント

Comments


bottom of page