top of page
検索
  • 執筆者の写真Ken

ヨガ講師 資格 成功するRYT200資格の選び方


こんにちは、Kenです。


今日は、ヨガ講師 資格 成功するRYT200資格の選び方について、お話ししていきましょう。



ヨガ講師 資格 成功するRYT200資格の選び方
ヨガ講師 資格 成功するRYT200資格の選び方



今回は、よく質問される「成功するヨガ資格の選び方」についてお話ししたいと思います。


私自身もRYT200の講座を担当しているので、自慢話にならないように気をつけながらお話ししますが、全米ヨガアライアンスのRYT200の資格取得にあたっては、以下の3つのポイントに気をつけることが重要です。



ヨガ講師 資格 成功するRYT200資格の選び方ポイント3選

1.解剖学

解剖学は、単に骨や筋肉の名前を覚えるだけのものではありません。それはまるで地図を覚えるようなものです。重要なのは、地図の使い方を理解することです。例えば、肩こりや腰痛を防ぐためにどのように体を動かせば良いかを理解することが大切です。ヨガのクラスで解剖学の専門用語を使っても、生徒には伝わりません。ですので、解剖学を実際にどのように教えているかを確認すると良いでしょう。


2.哲学

ヨガの哲学は、仏教やヒンドゥー教など様々な宗教や思想の影響を受けています。多くのコースでは、ヨガスートラやバガヴァッド・ギーターなどを学びますが、日常生活にどのように応用できるかを教えてくれるかが重要です。古典的な考え方だけでなく、現代の生活に即した実践的な哲学を学べるかどうかを確認すると良いでしょう。


3.ポーズの取り方

一つ一つのポーズを丁寧に教えることも大切ですが、全てのポーズに共通する基本原則や公式を学ぶことが重要です。ポーズの数が増えると覚えきれなくなりますが、基本的な原則を理解していれば、どんなポーズでも応用がききます。ポーズの指導や学び方がシンプルで、応用が効く方法を教えてくれる学校を選ぶと良いでしょう。




これらのポイントを踏まえて、自分に合ったヨガ資格の学校や先生を選ぶことが成功の鍵です。今日は、どんな学校を選ぶべきか、どこに気をつければ良いかについて、少し違った角度からお話ししました。参考になれば幸いです。



成功するRYT200資格の選び方については、詳しくは動画にもお伝えしているのでこちらをご覧下さい。










ではまた。



閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page