top of page
検索
  • 執筆者の写真Ken

ハワイ ヨガ資格 ハワイでヨガ資格を取得する際の注意点

更新日:6月19日


こんにちは、Kenです。


今日は、ハワイ ヨガ資格 ハワイでヨガ資格を取得する際の注意点について、お話ししていきましょう。



ハワイ ヨガ資格 ハワイでヨガ資格を取得する際の注意点
ハワイ ヨガ資格 ハワイでヨガ資格を取得する際の注意点



今日は、ハワイでヨガの資格を取得したい方への重要な注意点についてお話しします。


ハワイ ヨガ資格 ハワイでヨガ資格を取得する際の注意点

ビザについて

多くの方がハワイでヨガの資格を取ることを夢見ていますが、注意すべき最も重要な点はビザです。アメリカでは週に18時間以上の勉強を行う場合、学生ビザが必要となります。ヨガのトレーニングは一日で10時間以上を費やすことが多いため、すぐにこの時間を超えてしまいます。特にRYT200のコースを受ける際は、学生ビザが必須です。ただし、それはアメリカの学校に通う場合です。


アメリカの学校や講師との違い

アメリカの学校や講師からヨガを学ぶ場合、18時間以上の勉強はビザが必要です。しかし、日本から来た講師による観光旅行の一環としての勉強はビザの対象外です。アメリカの税金を納めている講師や学校が関与する場合は注意が必要です。


入国審査の厳しさ

アメリカの入国審査は厳格で、ヨガマットなどを持っているとすぐに目を付けられます。「ヨガを学びに来た」と正直に答えると、ビザの有無が確認され、問題が発覚すると強制送還される可能性があります。観光旅行としてヨガを学ぶ場合は、この点に十分注意してください。


宿泊場所の選択

ハワイのどの地域でヨガを学ぶかも重要です。例えば、ショッピングや観光を楽しみたい場合はワイキキ近辺が便利です。一方で、自然の中でリトリートをしたい場合は郊外も良いでしょう。自分の目的に合った場所を選んでください。


宿泊施設のチェック

宿泊施設についても注意が必要です。アメリカではツインベッドが少なく、ダブルベッドやキングベッドが一般的です。ルームシェアをする際には、この点を考慮して選びましょう。また、授業料に宿泊費や食費が含まれている場合は、旅行会社の免許が必要です。これがない場合は違法となる可能性がありますので、確認が必要です。


カリキュラムの内容

カリキュラムの長さや内容も重要です。1週間から2週間のコースが一般的ですが、コロナ禍の影響で事前学習をオンラインで行うことが増えています。短期のコースでは時差ボケが問題になることもあるので、できれば1週間以上の滞在が望ましいです。


練習内容の充実

現地での学びは、ティーチングやアジャストなどの実践的な練習が多い学校を選ぶと良いでしょう。オンラインではできない実践的な練習を重視することで、より充実した学びが得られます。


その他の注意点

・入国審査で「観光旅行」としてヨガを学ぶことを明確に伝えること。

・ビザの要件を理解し、適切に手続きを行うこと。

・宿泊施設の種類や設備を確認すること。

・授業料に含まれるサービスについて旅行会社の免許の有無を確認すること。


これらの点をしっかりと確認し、安全かつ充実したヨガ留学を楽しんでください。不明な点があれば、コメントやお問い合わせをお待ちしています。安全で楽しいハワイでのヨガ留学をお祈りしています。




ハワイヨガ留学を選ぶ際の注意点については、詳しくは動画にもお伝えしているのでこちらをご覧下さい。











ではまた。



閲覧数:11回0件のコメント

Comentários


bottom of page