top of page
検索
  • 執筆者の写真Ken

RYT200 ヨガ講師 クラステーマがどんどん思いつく方法


こんにちは、Kenです。


RYT200 ヨガ講師 クラステーマがどんどん思いつく方法について、お話ししていきましょう。

 RYT200 ヨガ講師 クラステーマがどんどん思いつく方法
RYT200 ヨガ講師 クラステーマ

ヨガのクラスを開催する上で最も重要であり、また最も難しいことは、「テーマの選定」であると感じます。

ポーズを指導することはできますが、テーマを考え、それをクラスに適用することは難しいです。今日は、ヨガのクラスのテーマの選び方、テーマを見つける方法、そしてクラスをうまくまとめる方法について解説します。



ヨガのテーマを考える方法は、季節やその日の出来事などを考慮することが一般的ですが、私はその日の出来事に基づいてクラスを構成することもあります。

しかし、テーマがクラスにうまく反映されないこともあります。テーマを選ぶのは難しいですが、私は皆さんに自分の方法を共有したいと思います。



テーマを考える際によくあるミスとして、3つあります。


1.言葉が多すぎてまとまりがない

言葉が多すぎると、伝えたいことが伝わりにくくなります。


2.準備不足

テーマに関する情報が不足し、最初と最後だけテーマに触れることになります。


3.台本を作りすぎる

台本を作りすぎると、台本から外れてしまったときに混乱しやすくなります。


これらのミスを避けるためには、コツが必要です。



テーマを見つけるための良い方法の1つは、Twitter(X)を使うことです。

Twitter(X)では、140文字以内でメッセージを簡潔に伝えることが求められます。毎日、何か新しい知識や考えを140文字で表現することで、自分の知識が増え、物事をシンプルに表現する能力が向上します。

また、Twitter(X)を毎日することで、有意義なことを行っている印象を与え、新しい生徒を集めることができます。


また、Twitterの「momentカレンダー」を使用すると、その日の特別なイベントやテーマを見つけることができます。これを活用することで、テーマを見つけやすくなります。日々の投稿を日記のように残し、翌年の参考にすることもできます。


以上の方法を使うことで、テーマを見つけ、クラスをうまくまとめることができます。ヨガのクラスを開催する際に、是非試してみてください。




クラステーマがどんどん思いつく方法は詳しくは動画にもお伝えしているのでこちらをご覧下さい。







ではまた。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page