LIVEWELL INSTITUTE YOGA SCHOOL

RYS300 YOGA ALLIANCE

RYS300 資格取得コース

受講ペース:約6ヶ月間
オンラインコース受講形式
ご自宅等でライブ配信視聴
通学コース受講形式
都内スタジオ等に通学
料金:498,600円
こんな方におすすめ!

現在申込み受付中のコース

全米ヨガアライアンス300時間資格取得コースです。
瞑想や哲学、解剖学などの座学を自宅でお好きな時間に動画視聴し、ティーチングは土日10日間原宿スタジオかオンラインにて実践形式で学びます。

ライブ日程

2022年10月29日(土)、10月30日(日)、11月19日(土)、11月20日(日)、12月17日(土)、12月18日(日)、1月14日(土)、1月15日(日)、2月18日(土)、2月19日(日)
上記に加えてご自宅でのオンライン動画学習
※動画視聴は9月1日から開始可能

開催時間

15:00〜20:00

場所

通学コース:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-35-9 原宿リビン512 STUDIO BOWSPRING
オンラインコース:ご自宅等

金額

598,600円(税込) → 8月末まで早割498,600円(税込)
(月々21,000円で24回払い 頭金なしの分割も可)

概要

全米ヨガアライアンス300時間資格取得コース

カリキュラム

――実技――

ハタヨガ・ヴィンヤサヨガ・ダイエットヨガ・BOWSPRING SEED・BOWSPRING 壁ヨガ・股関節・後屈・ツイスト・サイドスパイラル・アームバランス・ROOT ・BOWSPRING 椅子ヨガ・セラピー・BOW FLOW・BOW RELAX・BOW PELVIS・HIP Fitness

――講義――

ヨガ哲学(ヨガの歴史・ヨガスートラ・ハタヨガプラディーピカ・バガヴァドギータ・タントラ哲学・女神の研究・プージャ・パンチャマカーラ・禅の哲学と歴史)・解剖生理学(筋膜の性質・アナトミートレイン・テンセグリティ理論・女性の骨盤について・妊娠中の筋膜トレーニング・骨盤底の筋膜・呼吸の増幅と自己制御・筋膜と細胞・筋膜ネットワーク・筋膜の生理学)・ヨガとライフスタイル(ヨガ講師としの倫理観・生徒としての資質・BOWSPRINGライフスタイル)・マントラ(チャンティング・ガヤトリマントラ・アサトーマ・女神のマントラ)・呼吸法(ナーディショーダナー・カパラバティ・パワーブレス)・瞑想法及び実習(OM・ソーハム・オープン瞑想)・ティーチングメソッド(シンプルな指導・ヴィンヤサとハタヨガの違い・4つのクラスの組み立て方・話し方のコツ・理解を200%深める方法・生徒を集中させるテクニック・ピンチを切り抜ける方法・指名される講師になる方法)・ヨガとビジネス(名刺作りとスタイリング・ビジネスプランの作り方・リスティング広告・インスタグラムで1万人のフォロアーを作る方法)・シークエンスの組み方(ハタヨガ・骨盤調整・リストラティブ・各種BOWSPRINGクラス)・ティーチング実習(ウォームアップ・太陽礼拝・ハタヨガとヴィンヤサで繋ぐ違い・レベル別ヴィンヤサ指導法・BOWSPRING SEED・Level1・Wall・ビギナークラス・クラスの観察方法・テーマの作り方・センタリング・脈動・10個のABC・BSアルゴリズム)・デモンストレーション法・アライメントの見方・アジャストメント・模擬クラス演習

担当講師

Ken

お問い合わせ・お申し込みはこちら

全米ヨガアライアンス300時間資格取得コースです。
瞑想や哲学、解剖学などの座学を自宅でお好きな時間に動画視聴し、ティーチングは平日10日間原宿スタジオかオンラインにて実践形式で学びます。

ライブ日程

2022年10月20日(木)、10月27日(木)、11月10日(木)、11月24日(木)、12月8日(木)、12月22日(木)、1月12日(木)、1月26日(木)、2月9日(木)、2月16日(木)
上記に加えてご自宅でのオンライン動画学習
※動画視聴は9月1日から開始可能

開催時間

9:00〜15:00

場所

通学コース:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-35-9 原宿リビン512 STUDIO BOWSPRING
オンラインコース:ご自宅等

金額

598,600円(税込) → 8月末まで早割498,600円(税込)
(月々21,000円で24回払い 頭金なしの分割も可)

概要

全米ヨガアライアンス300時間資格取得コース

カリキュラム

――実技――

ハタヨガ・ヴィンヤサヨガ・ダイエットヨガ・BOWSPRING SEED・BOWSPRING 壁ヨガ・股関節・後屈・ツイスト・サイドスパイラル・アームバランス・ROOT ・BOWSPRING 椅子ヨガ・セラピー・BOW FLOW・BOW RELAX・BOW PELVIS・HIP Fitness

――講義――

ヨガ哲学(ヨガの歴史・ヨガスートラ・ハタヨガプラディーピカ・バガヴァドギータ・タントラ哲学・女神の研究・プージャ・パンチャマカーラ・禅の哲学と歴史)・解剖生理学(筋膜の性質・アナトミートレイン・テンセグリティ理論・女性の骨盤について・妊娠中の筋膜トレーニング・骨盤底の筋膜・呼吸の増幅と自己制御・筋膜と細胞・筋膜ネットワーク・筋膜の生理学)・ヨガとライフスタイル(ヨガ講師としの倫理観・生徒としての資質・BOWSPRINGライフスタイル)・マントラ(チャンティング・ガヤトリマントラ・アサトーマ・女神のマントラ)・呼吸法(ナーディショーダナー・カパラバティ・パワーブレス)・瞑想法及び実習(OM・ソーハム・オープン瞑想)・ティーチングメソッド(シンプルな指導・ヴィンヤサとハタヨガの違い・4つのクラスの組み立て方・話し方のコツ・理解を200%深める方法・生徒を集中させるテクニック・ピンチを切り抜ける方法・指名される講師になる方法)・ヨガとビジネス(名刺作りとスタイリング・ビジネスプランの作り方・リスティング広告・インスタグラムで1万人のフォロアーを作る方法)・シークエンスの組み方(ハタヨガ・骨盤調整・リストラティブ・各種BOWSPRINGクラス)・ティーチング実習(ウォームアップ・太陽礼拝・ハタヨガとヴィンヤサで繋ぐ違い・レベル別ヴィンヤサ指導法・BOWSPRING SEED・Level1・Wall・ビギナークラス・クラスの観察方法・テーマの作り方・センタリング・脈動・10個のABC・BSアルゴリズム)・デモンストレーション法・アライメントの見方・アジャストメント・模擬クラス演習

担当講師

Ken

お問い合わせ・お申し込みはこちら

RYS300資格取得コースお申込み

お問い合わせはお電話・LINEでも受け付けております。

About course

RYS300(RYT500)について

RYT 500取得を目指したアドバンスプログラム

RYTとは、Registered Yoga Teacher の略です。RYT200の200時間にプラスして300時間のプログラム(RYS300)を受講することでRYT500の資格を取得できます。RYT200を修了し、より深くヨガを学びたい方向けのコースです。

全米ヨガアライアンス協会が定めた200時間、300時間のプログラムを修了すると、RYT500(200時間+300時間)の資格取得することができます。さらに指導経験を積んでERYT500を取得するとRYT200コースを指導できる先生の先生になることも可能です。

RYT200とRYS300は同じ学校である必要はありませんので当校以外でRYT200を取得された方も本コースにご参加いただけRYT500の取得ができます(ただしRYT500取得にはRYT200取得後に100時間の指導経験が必須です)。

Curriculum

RYS300資格取得コースの内容

当校のRYS300コースはハタヨガインテンシブコース、タントラ哲学インテンシブコース、BOWSPRINGの解剖学(アナトミートレイン入門)、BOWSPRING YOGA インテンシブコース、ティーチングスキルアップコース、メディテーション​講師養成講座の6つのコースを網羅した内容になっています。
1.

ハタヨガインテンシブコース

ハタヨガ、ヴィンヤサヨガ、陰ヨガ、リストラティブヨガ、骨盤ヨガ、ダイエットヨガ、ホットヨガ、マタニティ・シニアヨガをそれぞれ復習し、さらに実際のクラスのシークエンス作りの考え方、指導上の注意点を学ぶ実践的な応用クラスです。 アーサナプラクティスを行い、クラスを体感した後に、クラスの解説・分析を行います。 シークエンス技法、シークエンス作成テクニックの伝授、ティーチングする上でのテクニックを公開します。
2.

タントラ哲学インテンシブコース

日本ではヨガ哲学はヴェーダやヨガスートラなどの古典哲学を学ぶ機会が多いです。古典哲学は男性的で、排他的、禁欲的な教えでもあります。出家を推奨する哲学でもあります。 他方、それとは別にタントラ哲学はポジティブで受容的、現実を重視する哲学ですが日本ではあまり知られていなく、また教えられる講師も少ないのが実状です。また、タントラ哲学は密教とも言われ秘伝でもあり、日本では書籍やDVDなども存在しません。タントラ哲学に造詣の深いKen先生が長年に渡って学ばれたタントラ哲学の秘伝を公開します。日本では滅多にない貴重な講座となります。
ヨガスートラの実践
ヨガスートラの教えを実際の瞑想の指導法に活かすとどうなるかについて学びます。悩みを鎮める瞑想法、ソーハム瞑想、2つのタイプのサマディに対応する瞑想法の練習と指導法
カルマヨガとヨガ人としての倫理観
カタ・ウパニシャッドから死について学ぶ。また、魂の旅(ヒンズー教の宇宙論)を学びながらカルマに関して私たちができる5つのことを理解する
ヨガにおけるアディカラと言われる生徒としての資質、先生の倫理観について
バガヴァッド・ギータ1
背景、物語の前段、全体像を捉える
第14章ニャーナヨガ 古典サンキャ哲学の考え方
バガヴァッド・ギータ2
第2章 カルマヨガの実践
バガヴァッド・ギータ2
ギーターの瞑想の実践とメタメディテーション演習(他のものに対して思いやりを持つ瞑想)
バクティヨガの解説
ハタヨガ ・プラディーピカー
とアヌサラヨガの読解
ハタヨガ とは何なのか、ハタヨガ とタントラの関係、作者について、ラージャヨガとハタヨガ の哲学的な違い、クンダリーニ、本の概要、タントラ瞑想の練習 アヌサラの歴史とタットヴァの図(タントラの宇宙論) アヌサラの意味、定義と特徴、タントラの意味、アライメントの原則、タントラが捉える自然界の原則について学ぶ
自由の獲得について
解脱・自由を日常生活にどのように活用するか、世捨て人の概念でもある解脱を一般人がどのように日常生活に活かすことができのかについて解説する
・5つのクレシャについて ・新しいサムスカーラの作り方 ・マナナ・熟考の実際の演習
​六派哲学からラジャナカ・タントラ哲学
アメリカの哲学者ダグラス・ブルックス氏の説く南インドの秘伝ラジャナカ哲学を紐解く。タントラの語源、南インドの女神崇拝、宇宙に関する5原則、女神ラリータとカリーの比較と瞑想
ヨガの歴史とタントラ哲学、六派哲学の内容、六派哲学とタントラ哲学について学ぶ
タントラの神話 1
ラクシュミーとビシュヌ、ニーラカンタ(シヴァの青い喉)の物語について
タントラの神話 2
ナタラージャ(ダンシングシヴァ)には様々なシンボルがあり、その形には意味が隠されている。シヴァの形、髪型、手、足、太鼓、火の輪などの意味について解説する
タントラの神話 3
パタンジャリの出生の秘密について。パタンジャリは何者か? パタンジャリとタントラの化身、ヴィアグラパーダ
タントラの神話 4
ナタラージャに隠された7つの踊りサッタタンダバについて
Pujaプージャ・儀式を
ハタヨガ にいかに活かすか
Pujaとは何であるか。Pujyaにするための5つの要素を学びながら儀式をヨガのクラスにいかに応用していくかをラジャナカタントラ哲学から学ぶ
ガネーシャ(ガナパティ)神話 1
・7つの至福について ・ガナパティの意味 ・ガナパティ神話の紹介とその解説 ・ビージャマントラについて ・ガナパティのアファメーション
ガネーシャ(ガナパティ)神話 2
・別なガナパティ神話の紹介とその解説 ・ガナパティの3つの声 ・象の能力について考える ・境界、制限の神様ガネーシャの意味 ・ガナパティマントラの練習
3.

BOWSPRINGの解剖学(アナトミートレイン入門)

Bowspring Yogaはトム・マイヤーズによる最先端の解剖学理論「アナトミートレイン」に基づいたヨガである。部分に偏りがちな解剖学を全体的に体の繋がりを意識して捉え直す画期的なメソッドを学びながら今回はこのアナトミートレイン理論の入門編として筋膜の性質、骨盤、呼吸、背骨をテーマにその機能性を深める学習を行います。Bowspring Yogaがいかにアナトミー理論を運動療法として巧みに活用しているかが理解できるようになる科学的なクラスです。
筋膜の性質
・人体の進化の過程 ・器官系 ・筋膜の組織 ・筋膜系とは何か ・筋膜が大切な理由 ・筋膜に必要なこと ・神経系と筋膜系のパターンの関係 ・筋膜の特徴 ・アナトミートレインとは何か ・力はどこにいくか ・一次湾曲と二次湾曲 ・スーパーフィシャルバックライン ・スーパーフィシャルフロントライン ・ラテラルライン ・スパイラルライン ・横隔膜と骨盤底の関係
女性の骨盤1
・筋膜システム ・筋膜の役割 ・筋膜の構成要素 ・ホルモンと動きとの関係 ・動きが筋膜を組織化し形作る ・骨盤の構造
女性の骨盤2
・ホルモンバランスの不調とその影響  エストロゲンの働き、女性ホルモンのダイナミックな変化、視床下部の働き、女性にとっ ての月経とは ・子宮内膜症 ・陰部神経 ・出産時の会陰裂傷と会陰切開 ・腹直筋離開とその対策 ・大臀筋 ・股関節短伸筋 ・骨盤底筋群 ・骨盤底の自由を得るには ・新骨盤体操 ・出産への有効なエクササイズ ・内転筋群と骨盤底との関係 ・自然分娩のメリット ・大腰筋
呼吸の増幅と制御
・腔の形状 人格と形状 ・鼻甲介 ・内臓骨格 ・胸腔 ・鎖骨 ・骨盤との関係における理想的な肋骨の位置とは ・肋骨の進化 ・肋骨脊柱関節 ・4つのセットの肋骨(骨盤肋骨、腹部肋骨、胸部肋骨、頸部肋骨) ・丁度良い肩の動きとは ・深い呼吸をすることとヒラメ筋の関係 ・肩と呼吸 ・肋間筋群 ・斜角筋群 ・腹斜筋群と外側縫線 ・横隔膜 ・呼吸増幅法
背骨のテンセグリティ
・形状が重要 ・スーパーフィシャルバックラインによって直立することができる ・背骨のテンセグリティ ・21世紀の生物力学とBOWSPRING ・アナトミートレイン ・脊柱の解剖学 ・関節面と動きの関係 ・背骨の胎生学的進化 ・脊柱起立筋 ・背骨の回線に関係する筋肉群 ・首 環椎と軸椎、後頭下筋群
4.

BOWSPRING YOGA インテンシブコース

BOWSPRING YOGAを深めるクラスです。基本のSeedから上級のRootsまで、BOWSPRINGの全てを学びます。クラス作りのシークエンステクニックからテーマ設定、BOWSPRINGのアルゴリズムを使った指導法までの習得を目指します。 アーサナプラクティスを行い、クラスを体感後、クラスの解説・分析を行います。 シークエンス技法、シークエンス作成テクニックの伝授、ティーチングする上でのテクニックを公開します。
5.

ティーチングスキルアップコース

ヨガの流派に関わらず指導力を向上させ、質の高いクラスを生徒に提供するには次の3つの要素が必要です。
1、テーマ及びヨガ的な哲学
2、講師としてのパフォーマンス能力
3、シークエンス力
さらにそれぞれにおいては下記の項目に着眼して指導する必要があります。
テーマ
1、テーマと哲学を決める キーワードを連呼しよう
2、二面性または3ポイントで訴求する
3、テーマをクラスに仕掛ける
4、ミクロからマクロへの拡張
5、動きの中にテーマを埋め込む
パフォーマンス
1、シンプルに語る
2、講師はポーズを取らずに鏡で指導
3、呼吸と間を使った指導
シークエンス
1、ポーズの分析
2、繋ぎ方を変える
このコースでは上記のポイントを毎回ヨガの流派やクラスの種類を変えながら繰り返し演習していきます。テーマを毎回設定し実際に実習形式で指導経験を積むことで指導のスキルを高めます。指導講師から直接自分の指導上の問題点をフィードバックしてもらえるので効果的に指導力を改善できる絶好のチャンスです。
6.

メディテーション​講師養成講座

瞑想というと宗教的、スピリチュアルなイメージをもたれ敬遠する方も多いのが実状。一方でメディテーションやマインドフルネスを導入するGoogle、リクルートなどの企業が増えてきています。本コースは長年にわたって瞑想を学んできたKen先生が瞑想の全てを誰にでもわかりやすく解説するものです。
瞑想の原点である古典ヨガから現代の脳科学に至るまで、瞑想の全てを、明快に解説、指導します。
期間中90日間に渡る自宅での20分間の瞑想と、週末のレクチャー、瞑想の実戦、さらには瞑想のガイド作りによって構成されます。瞑想を自らが行うことで自己変革にチャレンジしながら、瞑想クラスを自分自身で開催できるようにシークエンスや作文、ガイド方法のコツを身につけていきます。
瞑想の基礎を学ぶ
・瞑想とは ・マインドフルネスの定義 ・瞑想概論 ・現代社会における瞑想の必要性と意義 ・マインドフルネスの世界・日本の現状 ・瞑想解剖学 ・脳の解剖学 ・トランステック ・瞑想が肉体に及ぼす科学的な影響 ・自立神経と瞑想の効果
瞑想の歴史と哲学
・インド哲学と瞑想 ・仏教と瞑想 ・禅とメディテーション ・瞑想とメディテーション ・無とビギナーズマインド
瞑想を日常に活かす
・BOWSPRINGとマインドフルネス ・瞑想エクササイズ(BOWSPRING YOGAを瞑想と結びつけて学ぶ) ・カタを使った身のこなし方1(立ち方と座り方) ・カタを使った身のこなし方2(歩き方) ・カタを使った身のこなし方3(立つ姿勢 アースポーズ) ・サウナと瞑想の関係 ・「ととのう」は瞑想 ・自宅でサウナの実践方法 ・瞑想がダイエットに最も効果がある理由
各種瞑想の実践とティーチング
・瞑想の姿勢・座り方 ・瞑想する環境、瞑想を演出する ・瞑想部屋、空間、ファッション ・瞑想のための呼吸法、呼吸を使った瞑想 ・ジャパ瞑想 ・サマタ瞑想・オープ瞑想 ・ヴィパッサナ瞑想・オープン瞑想 ・統合瞑想 ・歩く瞑想・食べる瞑想 ・観察する瞑想 ・慈悲の瞑想 ・感謝の瞑想 ・音の瞑想 ・マントラ瞑想 ・ヨガの瞑想 ヨガスートラの瞑想 ・ヨガの瞑想 バガヴァッドギータの瞑想 ・タントラ瞑想 ・ボディスキャン ・90個の瞑想ガイドと分析 ・ヨガニドラ(寝たまま瞑想)の実戦 ・ヨガニドラの原稿制作演習 ・瞑想のガイド方法と演出法 ・間と無の使い方 ・瞑想ジャーナル/日記
瞑想をビジネスに活かす(マネタイズ)
・瞑想サロンの起業方法 ・ヨガクラスで瞑想を導入する方法 ・ヨガスタジオで瞑想クラスを導入する方法 ・企業(研修)や学校でマインドフルネスを導入する方法 ・オンラインクラス開催の方法 ・クラス構成法、開催方法、集客法
当校RYT300プログラムの強み

一貫教育

全くの初心者から始めて、連続6ヶ月でRYT500の資格取得が可能。

10種のヨガが学べる

伝統的なハタヨガから最先端の医学に基づいた全く新しいヨガメソッド、BOWSPRING YOGAまで10種のヨガが学べます。

RYT300期間中に100時間の指導経験をサポート

RYT500を取得するためにはRYT200取得後100時間の指導経験が必須です。

国内最低価格級

国内の他校と比べ、価格に対して内容が濃くレベルが高いと自負しております。

確かな実績

RYT200卒業生2000名以上を輩出した日本最大級のヨガ講師養成校としての実績があります。

開放的な環境

他校でのRYT200卒業生も導入クラス参加などの別途時間と費用が係らずに誰でも参加できます。

基本のカタを繰り返してしっかりとした基礎を身につける

ハタヨガに関しては当校オリジナルのわずか20ページの『ミニ本』を繰り返し学ぶことで”ハタヨガの普遍的10原則”を習得します。暗記しなくてはならない部分と、知識として知っているだけでよい部分を明確に分けて学習します。暗記すべき部分はページにしてわずかA6サイズで5ページ程度。このミニマリズムが誰でも優れた講師としてデビューできる秘訣です。
また、他校RYT200卒業生との理解度の差を埋めるために、RYT300の前半に登校のRYT200で学んだ内容を再度おさらいしながらその教えを深めていきますので他校卒業生の方でも安心してご参加いただきます。また必須ではありませんが、補講のための動画ビデオ(別途有料)もご用意しております。
最先端ヨガのBOWSPRINGも10個のアルゴリズムを覚えるだけで簡単に理解できます。
全く新しく、普段慣れていない体の使い方なので、理解は簡単にできますが実際それをマインドフルに行うことは難しいことです。しかし練習を繰り返すことで徐々に自分自身を変革させることができるようになります。
いずれにしてもできるだけ簡単に理解できるように単純化して伝え、ヨガをマニュアル化できていることが当校の強みの一つです。

伝統的なハタヨガから最先端の医学に基づいた全く新しいヨガメソッド、Bowspring Yogaまで10種のヨガを学ぶ

当校では伝統的なヨガとしてハタヨガ、ヴィンヤサヨガ、陰ヨガ、リストラティブヨガ、ダイエットヨガ、ホットヨガ、骨盤ヨガ、マタニティ・シニアヨガ、ラージャヨガの9種を学びます。それと並行して全く新しい新型ヨガ、BOWSPRING YOGA を習得していきます。このBOWSPRINGをRYT300、RYT500に組み入れているのは世界的にも珍しく、日本では当校だけです。広がりと奥行きのある指導内容が他校との大きな違いとなっています。

クラスにテーマを盛り込む

2000名以上のRYT200卒業生を輩出している経験から、また実際に卒業生が就労した形でのホットヨガスタジオを20店舗程度運営してきた経験から、聞くことと実際にできることが大きく違うことに気づいております。つまり、クラスでいくら指導講師から聞いて理解できているつもりでも、実際に自分が指導してみるとできないことが多いのです。これは養成クラスでティーチングに時間を割いていないことに原因があります。
当校ではとにかく、指導経験を積めるようにカリキュラムを組んでいます。 午前、午後と毎日2回はお互いに指導する時間を作っています。また個別にもRYT300時間内には1時間のクラスを3回はリード講師として指導してもらいます。その中で指導の悪癖やミスを改善していきます。フィードバックと反復練習を行い、個々人のスキルアップを図ります。

ティーチングに力をいれる

2000名以上のRYT200卒業生を輩出している経験から、また実際に卒業生が就労した形でのホットヨガスタジオを20店舗程度運営してきた経験から、聞くことと実際にできることが大きく違うことに気づいております。つまり、クラスでいくら指導講師から聞いて理解できているつもりでも、実際に自分が指導してみるとできないことが多いのです。これは養成クラスでティーチングに時間を割いていないことに原因があります。
当校ではとにかく、指導経験を積めるようにカリキュラムを組んでいます。
午前、午後と毎日2回はお互いに指導する時間を作っています。その中で指導の悪癖やミスを改善していきます。必ずフィードバックと再度やり直す、という反復練習をティーチングにも活かして個々人のスキルアップを図ります。

自分がポーズを取らずに口頭だけで指導できる講師になる

ヨガ講師の存在価値は口頭でのアジャストと手を使ったアジャストにあると言っても過言ではありません。自分でポーズを取りながら指導する講師を見かけますが、講師自身がポーズをとっては生徒さんを観察できないのでアジャストができません。ポーズやデモはビデオでもできます。講師は自分が一切ポーズを取らずに口頭だけでクラスをリードし、同時に口頭で個別に生徒さんのミスをアジャストできなくてはなりません。
日本の多くの養成校ではこのように講師が一切ポーズを取らない形で講師養成を行っているところが少ないのが実情です。この点も当校の魅力の1つとしてあげられます。

本講座から学ぶ秘密の
ヨガ指導テクニック

本コースで講師として身につく資質

LIVEWELL代表 / ヨガ講師育成トレーナー Ken

メイン・インストラクター

LIVEWELL代表 / ヨガ講師育成トレーナー

Ken

慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業。 全米ヨガアライアンスERYT500認定ヨガ講師。
今最も新しいセラピューティックなヨガ、BOWSPRING YOGAの公式認定講師としても日本全国で活躍中。
全国8店舗展開の女性専用ホットヨガスタジオHOT40YOGAの代表でもある。
受講ペース:約6ヶ月間
オンラインコース受講形式
ご自宅等でライブ配信視聴
通学コース受講形式
都内スタジオ等に通学
料金:498,600円
こんな方におすすめ!

現在申込み受付中のコース

全米ヨガアライアンス300時間資格取得コースです。
瞑想や哲学、解剖学などの座学を自宅でお好きな時間に動画視聴し、ティーチングは土日10日間原宿スタジオかオンラインにて実践形式で学びます。

ライブ日程

2022年10月29日(土)、10月30日(日)、11月19日(土)、11月20日(日)、12月17日(土)、12月18日(日)、1月14日(土)、1月15日(日)、2月18日(土)、2月19日(日)
上記に加えてご自宅でのオンライン動画学習
※動画視聴は9月1日から開始可能

開催時間

15:00〜20:00

場所

通学コース:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-35-9 原宿リビン512 STUDIO BOWSPRING
オンラインコース:ご自宅等

金額

598,600円(税込) → 8月末まで早割498,600円(税込)
(月々21,000円で24回払い 頭金なしの分割も可)

概要

全米ヨガアライアンス300時間資格取得コース

カリキュラム

――実技――

ハタヨガ・ヴィンヤサヨガ・ダイエットヨガ・BOWSPRING SEED・BOWSPRING 壁ヨガ・股関節・後屈・ツイスト・サイドスパイラル・アームバランス・ROOT ・BOWSPRING 椅子ヨガ・セラピー・BOW FLOW・BOW RELAX・BOW PELVIS・HIP Fitness

――講義――

ヨガ哲学(ヨガの歴史・ヨガスートラ・ハタヨガプラディーピカ・バガヴァドギータ・タントラ哲学・女神の研究・プージャ・パンチャマカーラ・禅の哲学と歴史)・解剖生理学(筋膜の性質・アナトミートレイン・テンセグリティ理論・女性の骨盤について・妊娠中の筋膜トレーニング・骨盤底の筋膜・呼吸の増幅と自己制御・筋膜と細胞・筋膜ネットワーク・筋膜の生理学)・ヨガとライフスタイル(ヨガ講師としの倫理観・生徒としての資質・BOWSPRINGライフスタイル)・マントラ(チャンティング・ガヤトリマントラ・アサトーマ・女神のマントラ)・呼吸法(ナーディショーダナー・カパラバティ・パワーブレス)・瞑想法及び実習(OM・ソーハム・オープン瞑想)・ティーチングメソッド(シンプルな指導・ヴィンヤサとハタヨガの違い・4つのクラスの組み立て方・話し方のコツ・理解を200%深める方法・生徒を集中させるテクニック・ピンチを切り抜ける方法・指名される講師になる方法)・ヨガとビジネス(名刺作りとスタイリング・ビジネスプランの作り方・リスティング広告・インスタグラムで1万人のフォロアーを作る方法)・シークエンスの組み方(ハタヨガ・骨盤調整・リストラティブ・各種BOWSPRINGクラス)・ティーチング実習(ウォームアップ・太陽礼拝・ハタヨガとヴィンヤサで繋ぐ違い・レベル別ヴィンヤサ指導法・BOWSPRING SEED・Level1・Wall・ビギナークラス・クラスの観察方法・テーマの作り方・センタリング・脈動・10個のABC・BSアルゴリズム)・デモンストレーション法・アライメントの見方・アジャストメント・模擬クラス演習

担当講師

Ken

お問い合わせ・お申し込みはこちら

全米ヨガアライアンス300時間資格取得コースです。
瞑想や哲学、解剖学などの座学を自宅でお好きな時間に動画視聴し、ティーチングは平日10日間原宿スタジオかオンラインにて実践形式で学びます。

ライブ日程

2022年10月20日(木)、10月27日(木)、11月10日(木)、11月24日(木)、12月8日(木)、12月22日(木)、1月12日(木)、1月26日(木)、2月9日(木)、2月16日(木)
上記に加えてご自宅でのオンライン動画学習
※動画視聴は9月1日から開始可能

開催時間

9:00〜15:00

場所

通学コース:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-35-9 原宿リビン512 STUDIO BOWSPRING
オンラインコース:ご自宅等

金額

598,600円(税込) → 8月末まで早割498,600円(税込)
(月々21,000円で24回払い 頭金なしの分割も可)

概要

全米ヨガアライアンス300時間資格取得コース

カリキュラム

――実技――

ハタヨガ・ヴィンヤサヨガ・ダイエットヨガ・BOWSPRING SEED・BOWSPRING 壁ヨガ・股関節・後屈・ツイスト・サイドスパイラル・アームバランス・ROOT ・BOWSPRING 椅子ヨガ・セラピー・BOW FLOW・BOW RELAX・BOW PELVIS・HIP Fitness

――講義――

ヨガ哲学(ヨガの歴史・ヨガスートラ・ハタヨガプラディーピカ・バガヴァドギータ・タントラ哲学・女神の研究・プージャ・パンチャマカーラ・禅の哲学と歴史)・解剖生理学(筋膜の性質・アナトミートレイン・テンセグリティ理論・女性の骨盤について・妊娠中の筋膜トレーニング・骨盤底の筋膜・呼吸の増幅と自己制御・筋膜と細胞・筋膜ネットワーク・筋膜の生理学)・ヨガとライフスタイル(ヨガ講師としの倫理観・生徒としての資質・BOWSPRINGライフスタイル)・マントラ(チャンティング・ガヤトリマントラ・アサトーマ・女神のマントラ)・呼吸法(ナーディショーダナー・カパラバティ・パワーブレス)・瞑想法及び実習(OM・ソーハム・オープン瞑想)・ティーチングメソッド(シンプルな指導・ヴィンヤサとハタヨガの違い・4つのクラスの組み立て方・話し方のコツ・理解を200%深める方法・生徒を集中させるテクニック・ピンチを切り抜ける方法・指名される講師になる方法)・ヨガとビジネス(名刺作りとスタイリング・ビジネスプランの作り方・リスティング広告・インスタグラムで1万人のフォロアーを作る方法)・シークエンスの組み方(ハタヨガ・骨盤調整・リストラティブ・各種BOWSPRINGクラス)・ティーチング実習(ウォームアップ・太陽礼拝・ハタヨガとヴィンヤサで繋ぐ違い・レベル別ヴィンヤサ指導法・BOWSPRING SEED・Level1・Wall・ビギナークラス・クラスの観察方法・テーマの作り方・センタリング・脈動・10個のABC・BSアルゴリズム)・デモンストレーション法・アライメントの見方・アジャストメント・模擬クラス演習

担当講師

Ken

お問い合わせ・お申し込みはこちら

RYS300資格取得コースお申込み

お問い合わせはお電話・LINEでも受け付けております。