BOWSPRINGの解剖学
(アナトミートレイン入門)

YACEP.png
S01-YA-SCHOOL-RYS-300.png

Bowspring Yogaはトム・マイヤーズによる最先端の解剖学理論「アナトミートレイン」に基づいたヨガである。部分に偏りがちな解剖学を全体的に体の繋がりを意識して捉え直す画期的なメソッドを学びながら今回はこのアナトミートレイン理論の入門編として筋膜の性質、骨盤、呼吸、背骨をテーマに5回に渡ってその機能性を深める学習を行います。Bowspring Yogaがいかにアナトミー理論を運動療法として巧みに活用しているかが理解できるようになる科学的なクラスです。

iStock-1152177458.jpg

カリキュラム内容

 

第1回 10月3日(日)筋膜の性質

・人体の進化の過程

・器官系

・筋膜の組織

・筋膜系とは何か

・筋膜が大切な理由

・筋膜に必要なこと

・神経系と筋膜系のパターンの関係

・筋膜の特徴

・アナトミートレインとは何か

・力はどこにいくか

・一次湾曲と二次湾曲

・スーパーフィシャルバックライン

・スーパーフィシャルフロントライン

・ラテラルライン

・スパイラルライン

・横隔膜と骨盤底の関係

 

第2回 10月17日(日)女性の骨盤1

・筋膜システム

・筋膜の役割

・筋膜の構成要素

・ホルモンと動きとの関係

・動きが筋膜を組織化し形作る

・骨盤の構造

 

第3回 10月24日(日)女性の骨盤2

・ホルモンバランスの不調とその影響

 エストロゲンの働き、女性ホルモンのダイナミックな変化、視床下部の働き、女性にとっ ての月経とは

・子宮内膜症

・陰部神経

・出産時の会陰裂傷と会陰切開

・腹直筋離開とその対策

・大臀筋

・股関節短伸筋

・骨盤底筋群

・骨盤底の自由を得るには

・新骨盤体操

・出産への有効なエクササイズ

・内転筋群と骨盤底との関係

・自然分娩のメリット

・大腰筋
 

第4回 10月31日(日)呼吸の増幅と制御

・腔の形状 人格と形状

・鼻甲介

・内臓骨格

・胸腔

・鎖骨

・骨盤との関係における理想的な肋骨の位置とは

・肋骨の進化

・肋骨脊柱関節

・4つのセットの肋骨(骨盤肋骨、腹部肋骨、胸部肋骨、頸部肋骨)

・丁度良い肩の動きとは

・深い呼吸をすることとヒラメ筋の関係

・肩と呼吸

・肋間筋群

・斜角筋群

・腹斜筋群と外側縫線

・横隔膜

・呼吸増幅法

第5回 11月7日(日)背骨のテンセグリティ

・形状が重要

・スーパーフィシャルバックラインによって直立することができる

・背骨のテンセグリティ

・21世紀の生物力学とBOWSPRING

・アナトミートレイン

・脊柱の解剖学

・関節面と動きの関係

・背骨の胎生学的進化

・脊柱起立筋

・背骨の回線に関係する筋肉群

・首 環椎と軸椎、後頭下筋群

BOWSPRINGの解剖学(アナトミートレイン入門) 5回5時間  ◎RYS300時間の5時間にカウントされます 

11:00-12:00

参加費 

ドロップイン 3,300円/クラス  

5回コース15,000円

BOWSPRINGの解剖学(アナトミートレイン入門)お申し込み
参加方法
お申し込み項目を選択してください

お問い合わせはこちら

​お申し込みありがとうございます。後ほど担当よりご連絡いたします。

「申し込む」ボタンを押すと送信完了です。その後、担当より受講料のお支払い等に関して詳細をメールにてご連絡いたします。

​ドメイン指定などされている方はinstitute@livewellworld.comよりメールの受信ができるよう設定をお願いいたします。