RYS300(RYT500)について

RYT 500取得を目指したアドバンスプログラム

RYTとは、Registered Yoga Teacher の略です。RYT200の200時間にプラスして300時間のプログラム(RYS300)を受講することでRYT500の資格を取得できます。
RYT200を修了し、より深くヨガを学びたい方向けのコースです。
全米ヨガアライアンス協会が定めた200時間、300時間のプログラムを修了すると、RYT500(200時間+300時間)の資格取得することができます。さらに指導経験を積んでERYT500を取得するとRYT200コースを指導できる先生の先生になることも可能です。

RYT200とRYS300は同じ学校である必要はありませんので当校以外でRYT200を取得された方も本コースにご参加いただけRYT500の取得ができます(ただしRYT500取得にはRYT200取得後に100時間の指導経験が必須です)。

当スクールRYT500(RYT300)プログラムの強み

私たちの選ばれる理由

一貫教育

RYT500まで連続6ヶ月で資格取得可能

RYT300期間中に100時間の指導経験をサポート

RYT500を取得するためにはRYT200取得後100時間の指導経験が必須です

確かな実績

RYT200卒業生2000名以上を輩出した日本最大級のヨガ講師養成校としての実績

10種のヨガが学べる

伝統的なハタヨガから最先端の医学に基づいた全く新しいヨガメソッド、BOWSPRING YOGAまで10種のヨガが学べます

国内最低価格級

リーズナブルで高レベル

開放的

他校でのRYT200卒業生も導入クラス参加などの別途時間と費用が係らずに誰でも参加できる

RYT300 プログラムの内容

ハタヨガ、ヴィンヤサヨガ、陰ヨガ、リストラティブヨガ、ダイエットヨガ、ホットヨガ、骨盤ヨガ、マタニティ・シニアヨガの実践編、ラージャヨガ、Bowspringのインテンシブコースを習得します。RYT200で学んだ内容をより深めていきます

ヨガ哲学(ヨガの歴史・ヨガスートラ・ハタヨガプラディーピカ・バガヴァドギータ・タントラ哲学・女神の研究・プージャ・パンチャマカーラ・禅の哲学と歴史)・解剖生理学(筋膜の性質・アナトミートレイン・テンセグリティ理論・女性の骨盤について・妊娠中の筋膜トレーニング・骨盤底の筋膜・呼吸の増幅と自己制御・筋膜と細胞・筋膜ネットワーク・筋膜の生理学)・ヨガとライフスタイル(ヨガ講師としの倫理観・生徒としての資質・BOWSPRINGライフスタイル)・マントラ(チャンティング・ガヤトリマントラ・アサトーマ・女神のマントラ)・呼吸法(ナーディショーダナー・カパラバティ・パワーブレス)・瞑想法及び実習(OM・ソーハム・オープン瞑想)・ティーチングメソッド(シンプルな指導・ヴィンヤサとハタヨガの違い・4つのクラスの組み立て方・話し方のコツ・理解を200%深める方法・生徒を集中させるテクニック・ピンチを切り抜ける方法・指名される講師になる方法)・ヨガとビジネス(名刺作りとスタイリング・ビジネスプランの作り方・リスティング広告・インスタグラムで1万人のフォロアーを作る方法)・シークエンスの組み方(ハタヨガ・骨盤調整・リストラティブ・各種BOWSPRINGクラス)・ティーチング実習(ウォームアップ・太陽礼拝・ハタヨガとヴィンヤサで繋ぐ違い・レベル別ヴィンヤサ指導法・BOWSPRING SEED・Level1・Wall・ビギナークラス・クラスの観察方法・テーマの作り方・センタリング・脈動・10個のABC・BSアルゴリズム)・デモンストレーション法・アライメントの見方・アジャストメント・模擬クラス演習